朝倉歯科のご案内

  ~笑顔は口元から~

駅近!(岡場駅駅前)患者さん専用無料駐車場完備。

お子様からお年寄りの方まで家族で通えるアットホームな歯科医院のご案内

地元の「かかりつけ歯科医」を目指す地域密着型の歯科医院です。

c.jpg

院長: 歯科医師 朝倉大輔

ご予約制:急患は随時受け入れ。

住所 〒078-982-0432
兵庫県神戸市北区藤原台中町2-15-13 

連絡先

TEL:078-982-0432

 

診療科目

・歯科

・歯科口腔外科

・小児歯科

・矯正歯科

 

 

診療時間について

外来診療時間について

午前9:00~12:00 午後15:00~20:00

 
午前 - -
午後 - -

△…土曜日午後は14~18時まで診療

訪問診療時間について

第1月曜日13:00~15:00 (緊急の場合、要相談。平日12時~15時で訪問可能です。電話でご連絡ください。)

休診

木曜・日曜・祝祭日


 

訪問診療

当医院では、 外来診療のほか、訪問診療にも力を入れています。

外来診療の内容説明の前にまず、訪問診療について説明いたします。
医院に通う事が困難な方々の歯や口腔内の不快感を取り除き、患者様の力になりたいという思いから訪問診療を始めました。寝たきりの方で歯科医院に通院出来ないが自宅で歯科治療を受けることが出来るよう在宅用の器具を充実させてまいりました。 歯石取りをはじめとする口腔ケアだけでなく、むし歯の治療、歯の根の治療、入れ歯作製・調整、抜歯などにも対応することが出来ます。

訪問診療の流れ

①お申込み

電話・FAX・メール(パソコン・携帯電話)で当医院へお申し込みください。お名前や現在の状況(主訴お困りの内容)、ご希望の日時をお伺いし、訪問日を決めます。

●訪問可能地域:岡場駅から半径16キロまで
(神戸市北区全域)

 ⇓

② 検診

歯科医師と歯科衛生士の2名が訪問し、患者様の全身状態をチェックしながら現在のお口の健康状態と嚥下機能をチェックさせていただきます。

●検診には軽自動車で訪問します。
●患者様でベッドから起き上がれない方は、そのままの状態でお待ちください。歩ける方は、いつもお使いの椅子に掛けてお待ちください。壁に頭が付く状態をおすすめいたします。
●お首元に掛けるタオル、普段お使いの歯ブラシ、お水の入ったコップをご用意ください。

 ⇓

③説明

その場で検診の結果をご説明し、治療費・治療計画等をお話いたします。治療を希望される方は治療のご予約をお取りいたします。

 

④治療開始

ご了承いただいた治療計画に基づいて、治療を開始いたします。

 

⑤定期検診

お口の健康維持のために、定期的な受診をおすすめします。
※ケアマネージャーがおられる方は、ケアマネージャーに治療計画情報と治療報告書を提供します。

 

費用について

◎前期高齢者・後期高齢者の方

医療費の1割が負担金
(一定以上の所得がある場合は3割負担)

◎障害者・生活保護の方 各市町村の減免と同じ割合
◎国民健康保険・社会保険の方 一般の医療保険の一部負担金と同じ取扱い
◎介護保険 口腔ケア(在宅の方のみ) 

在宅の場合は、居宅療養管理指導費が介護保険の適用
(1)歯科医師によるもの:
  1回約500円(月2回まで)
(2)歯科衛生士によるもの:
  1回約350円(月4回まで)

※自己負担金は医療保険と介護保険が同時に発生する場合があります。
※交通費は一切頂いておりません。

 

ご用意いただくもの

◆各種保険証
(医療保険、後期高齢者医療保険証、介護保険、障碍者保険証)

◆飲んでいるお薬の種類がわかるもの
(お薬手帳など)

 

訪問診療について

訪問診療は介護保険をお持ちの方が対象です。
患者様は自宅でお待ちいただければ結構です。
私たち訪問診療チームが往診(訪問歯科治療)いたします。特に自宅で準備していただくものはございません。

私たちが口腔ケアや歯科治療に必要な器具、材料を準備し、持参いたします。足の悪い方は、わざわざ診療所まで来ていただかなくても結構です!

毎回、院長自身が出向きますので、途中で突然、治療方針が変わるなんてことはありません。
ご安心ください。自宅でも外来(院内)とほぼ同じ治療が可能。自宅にいながら、歯科衛生士による専門的な口腔ケアを受けることができます。

・・・しっかり噛めて、健康な口元へ♪

なかなか外に出ることのできない方、寝たきりになってしまった方にとって口腔ケアはとても重要です。寝たきりの方や入院患者様にとって深刻な問題である肺炎(誤嚥性肺炎)の予防につながります。

「お年寄りが日本一元気な、神戸市北区!」を目標に頑張っております。

 

 

 小児歯科

 

小児歯科について

乳歯はどうせ抜けると思っていませんか?

乳歯は、一定期間経つと永久歯に生え変わります。短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たします。

乳歯の役割は大きく分けて3つあります。

 

まず1つ目は「よく噛むこと」です。

よく噛むことは、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。

2つ目は、「発音」です。

たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しいキレイな発音が可能です。

3つ目に、「永久歯の誘導」です。

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。そのため、乳歯が早期にむし歯で脱落していると不正咬合の原因となることがあります。

 

このように大切な役割がある乳歯を、むし歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きな悪影響を及ぼしかねないと言えます。虫歯予防に努め、むし歯になってしまったら早めに当院までお越しください。

 治療を受ける前のポイント

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人に我慢できることでも子供にとっては大変なことです。特に小さなお子様

なら尚更のことです。当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。恐がることなく、安心して治療を受けに来てください。

 

(1)受診は午前中がおすすめ

小児歯科でも、幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、体調の良い午前中に受診することをおすすめします。

(2)嘘はつかない

なるべく嘘をついて連れてこないようにしてください。かえって嫌がる原因になります。ばいきんが悪いことをしていないか、歯医者さんのところで診てもらいに行こう、という感じで優しく伝えてあげてください。治療は最初の段階では怖いかもしれませんが、実際に治療が始まると徐々に慣れてくると思います。

そして、一番大事なことですが、がんばって治療ができたら、たくさん褒めてあげてください。

(3)身軽な服装で

幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をかくこともあるので、治療中はTシャツなどの身軽な服装でご来院ください。

(4)リラックスしてもらいましょう

待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、治療前にできるだけリラックスさせるようにしてあげてください。

 

 

 

 しっかり噛める入れ歯 

保険診療でできる通常の保険義歯と、保険外の義歯(自費の入れ歯)の両方ご用意しております。保険外の義歯はお求めやすい価格といたしました。


部分入れ歯

保険の義歯はもちろんのこと、入れ歯のバネが気になる方には、保険外になりますが、歯肉色のピンクのバネをつかったノンクラスプデンチャー(バイタリューム金属プレート入り)もご用意しております。 

総入れ歯

保険範囲内で、よく噛める義歯を作ることを目指しております。義歯を作る工程を省略せず、きちんと手順をふんで時間をかけて検査しながら義歯作製します。大阪大学歯学部附属病院の補綴科で行なっている義歯作製方法でしっかり診査診断し、作製過程においてはシリコンを使用して忠実に口腔内を再現。上顎の義歯も下顎の義歯も、できるだけ歯茎に吸着する義歯に仕上げます。各工程でこだわって時間をかけて診査診断し、毎回各工程で必ず技工士さんと直接ディスカッションし、設計その他患者様オリジナルの最適なものに仕上げていきますので、保険義歯なのによく噛めると好評です。見た目も美しく審美的にできます。

 

歯を治す

1:虫歯治療 コンポジットレジン

削る量が最小限であるコンポジットレジンによる治療は、前歯のむし歯だけでなく奥歯の治療にも非常に有効であると言えます。
また、それぞれの患者様の歯に最適な色のコンポジットレジンを詰めることで治療した部分をできるだけ目立たなくすることが出来ます。
特に外傷などで欠けてしまった歯や虫歯を白い歯にしたい場合に有効です。
歯の色に合ったものを何層にも重ねて詰め、出来るだけ目立たない様にいたします。

2:根管治療 (歯の神経の治療)

歯髄が感染した場合、当院では専用ルーペや拡大鏡、専用切削器具を使用し、虫歯、感染した歯髄を可能な限り確実に除去します。
また、しっかりと口腔内洗浄をして、根管治療専用の器具類や超音波を駆使して根管内洗浄も行い、治療成績の向上を目指します。治療回数は、基本的には1~2回ほどですがケースによっては若干回数が増加する場合があります。

3:歯周病治療

歯周病は、プラーク中の細菌の出す毒素によって引き起こされます。お口の中に残った食べ物は細菌が増殖する原因になります。細菌が増え炎症が引き起こされると、始めは歯肉だけが腫れる歯肉炎、さらに症状が進むと歯根膜、歯槽骨まで破壊される歯周炎へと進行します。歯肉炎は歯肉の炎症が治まれば元の状態に回復します。しかし破壊された歯周組織を元通りに回復させる歯周病の治療は、特別な条件がそろわない限りなかなか難しいです。

歯周病治療、歯周病予防について。
まず、第一に大切なのは歯ブラシやフロスによるブラッシングです。適切な磨き方で歯周病の原因になっている細菌の量を減らし炎症をおさえます。
炎症が治まれば、歯肉からの出血や腫れがすこしずつ改善していきます。
ブラッシングの次に大切なことは、歯石除去です。歯ブラシのトレーニングと同時に歯周ポケットの中に溜まったプラークや歯石を超音波やスケーラーなど専用器具で除去します。歯石には細かい穴が開いており細菌のすみかになっておりますので、徹底的に歯石を取り除けば多くの場合歯周病が改善します。歯周病が進行し歯の動揺がひどい場合は、歯を固定し揺れにくくします。
歯周ポケットから膿が出る場合は、抗生剤を内服することや、直接歯周ポケットに抗生剤クリームを注入することも効果的です。

その次に大切なことは、感染症のひとつである歯周病の感染経路を断つことです。なるべく外部から自分の体内(口内)に細菌を入れないことが重要と言えます。歯周病は、年齢を重ねると(年相応に)誰でもかかる病気だと思っていませんか?(結果的に大抵の方が歯周病にかかっていますがその一方で90歳以上の高齢の方でほぼ歯周病ゼロの方がいらっしゃいます。)歯周病は感染症であるということを覚えておきましょう。いくら歯周病治療を継続しても歯ぐきの腫れが治らない場合、もしかしたら外部から口内にばい菌が感染しているかもしれないと普段の生活をセルフチェックしてみるのもいいかもしれません。(もちろん、その他の歯周病の原因として、内科的疾患の場合もあります。下記参照です。あとは、食いしばりや歯ぎしりなど過剰な負担(咬合力)が歯に加わっている場合も、外傷性咬合による歯の動揺で、歯周病が引き起こされる場合があります。また、服用薬の副作用により歯ぐきが異常に腫れることもあります。)(感染症ということでいえば、虫歯も同じです。虫歯菌の感染によるものです。)(ちなみに歯周病は、日本人最多の感染症、国内罹患率最大の感染症と言えます。)


また、歯周病は、糖尿病や心臓病(感染性心内膜炎・心筋梗塞)、高脂血症、高血圧、脳梗塞、シェーグレン症候群などの全身疾患にも悪影響を与えます。(出血の有無を問わず、歯周病菌はいとも容易に血管内に侵入し、血流に乗って全身を巡ります。)適切な治療を受けてお口の中の環境を良くすることが、全身の状態を良くすることにつながります。また、歯周病と診断された方でその治療をしているにもかかわらず歯周病の治りの悪い方は、一度血糖値やHbA1cなど血液検査を受けることをお勧めします。内科的な病気の発見につながるかもしれません。お気軽にご相談ください。

 

予防歯科

むし歯も歯周病も、歯を失う原因になる怖い病気です。
しかし、それらは未然に防ぐことのできる病気でもあるのです。歯の定期健診、定期的なクリーニングを受けるのが当たり前になれば、むし歯や歯周病で悩むことが少なくなるでしょう。
現在そして未来のお口の健康は、予防歯科がキーポイントだと言えます。

むし歯や歯周病に「なってから」ではなく「ならないように」するのが予防歯科。

予防歯科とは、むし歯や歯周病の予防を目的とした診療科目です。

医療の役割が「治療」から「予防」に変わってきた欧米では、歯科医療においても予防歯科が浸透しています。「歯が痛くなってから歯科医院へ行く」ことが多い日本に対し、「むし歯や歯周病にならないよう、定期的にプロのケアを受けるために普段から歯科医院へ行く」というのが北欧(特にスウェーデン)の考え方。

歯の定期検診、定期的なクリーニングを行うことは一般的で、多くの人が歯の大切さを認識しています。その結果、80歳のときに残っている歯の本数は、日本では平均9.8本(平成17年厚生労働省調査)に対し、北欧では15~20本と歴然とした数字の差としてあらわれています。(最新データ⇒平成29年6月の最新データでは、日本でも80歳で20本以上残っている人の割合が、ついに50%を超えた(51.2%)そうです。2022年達成目標でしたが2017年に達成しました。厚労省発表平成28年10月11月調査結果)

動物は歯がなくなると死んでしまう、という話を聞いたことはありますか。人間も年齢を重ねても元気な人は、歯が健康である場合が多いのです。

また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病、そのほか、心臓病の一種である感染性心内膜炎、心筋梗塞そして脳梗塞など命にかかわる病気の原因の一つは、口の中の歯周病菌が血流に乗って全身を回るからだ、ということも最近分かってきました。さらに、重度ドライマウス、歯ぐきからの出血は、ただ単に口の中の病気というより、全身の病気が口の中に(ひとつの症状として)出しているなんらかのサインである、と言えるかもしれません。口腔内の健康は、体全体の健康のバロメーターだと言えます。最近、新聞やテレビなどで口の健康の重要性について頻繁に報道されるようになっているのは、そういうことが最近やっと分かってきたからですね。

まさに口の中の健康維持こそ、身体全体の健康につながると言えるでしょう。

審美歯科 (自費)

当医院では、原則、保険範囲内でも十分に見た目のいいもの(被せ物など補綴物)を提供できるようにしております。

ただ、さらに高い耐久性や、より高い審美性、さらによりよい長期予後を求める患者様も増えております。

一度治療をすると、おなじ部位の再治療(最小の侵襲であっても)はできるだけしない方が体にとってはいい(からだにやさしい)という観点でも、

審美歯科(保険外での歯科治療)で提供しているものは、有効だ(健康的だ)と言えるかもしれません。さらに良好な長期予後を見込めるからです。

また、からだにはいかなる歯科用金属も入れない方が健康にいいと、ノンメタルの有効性も指摘されております。

(金属アレルギーやガルバニー電流による悪影響など、まだあまりよくわかっていない未知の病におかされないためにも)口の中には、一切金属を入れないというのが、時代の流れなのかもしれません。厚労省主導の保険治療でも事実、「金属アレルギーを誘発しない体に優しい歯科材料(CADCAM)を使用する」流れになってきております。(ただし、保険認可されているのは、奥歯の一部だけです。)

もし保険外での治療(=自費治療)をご希望の方は、ご相談ください。

各種資料を用意してしっかりと説明をいたします。自信をもって提供いたします。

 

参考例:

 オールセラミックの被せ物(2種類ご用意): 金属を全く使用しないタイプの非常に見た目のいい白い被せ物(人工歯)

 オールセラミックインレー(3種類ご用意): 奥歯の詰め物に合金の詰め物ではなく、ノンメタルの耐久性の高い白い詰め物

 

高価ないい材料を使用して見た目を良くすることだけが、審美歯科(自費治療)というわけではありません。

考え方そのものが別物なので、システムが異なる、したがって保険適用外になる、という感じでしょうか。

「適正価格でいいものを!」

 

矯正歯科 (自費)

矯正歯科について

矯正治療は早く治療をスタートすればいいわけでも、遅くスタートしていいわけでもありません。

 

当院では矯正に特に力を入れておりますので、定期検診でむし歯のほかに歯並びも併せて診ております。症状によって、早い時期に治療したほうがいいケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってからでも遅くないケースもあります。

ケース別に最適なスタート時期が変わってきますので、そのことについても相談することができます。

 

成人の場合でも、矯正治療は可能です。最近は、口元への美意識の高まりから、審美的改善はもちろんのこと、口腔内の歯科予防の観点から、多くの方が矯正治療を始められています。また、ご自身の引っ越しや転校などで矯正治療を始めるか悩まれる方がいらっしゃいますが、当院では矯正治療を始める前に、必要な資料をきちんといただいていますので、転勤・転校の際に転医先にお渡しすることが可能です。

 

歯並びや咬み合せが気になる方は、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

 

 

歯列矯正をするメリット

 1: ものをしっかりと食べられます

    かみあわせが正しくなり、咬む力が強くなります。

 2: あごや顔貌の輪郭を整えます

    咬み合せが悪いと、片方の歯だけで物を噛んでしまいます。

    そうすると、あごの左右バランスがさらに悪くなることがあります。

 3: 思いっきり笑うのに気後れしません

    歯並びが気になるから、と思わず笑うのをためらっていませんか?

    整った歯並びで自然に笑うことができれば、笑顔もいっそう輝きます。

 4: むし歯・歯周病にかかりにくくなります

    歯並びが不揃いだと、歯磨きをしても磨き残しができやすく、むし歯や歯周病になりやすくなります。

    歯並びを整えれば隅々まで歯磨きができ、むし歯や歯周病に強くなります。

 5: 周囲に「目的意識がある」 「自己管理ができる」との印象を与えます

 6: 肩こりや頭痛を改善できることもあります

    歯並びが悪いと全身の骨格バランスに悪い影響を与えたり、

    姿勢が悪くなったり、咬む筋肉を圧迫して負担をかけたりするので、

    肩こりや頭痛などの原因になります。

    

 

 

 

当院で矯正治療を受けることのメリット

・一般歯科治療(抜歯・むし歯・歯周病)なども別の医院に行くことなく、同時に進めていくことができる(保険治療ができます)

・矯正治療中・治療後のお口の管理もおまかせ(予防・メンテナンスで一生のお付き合い)

・矯正治療と補綴治療の複合治療が可能

・矯正診断の結果、抜歯が必要となったとき、当院で抜歯可能です。

紹介状を持って別の医院に抜歯治療を受けに行く手間も料金も必要ございません。当院で矯正する場合、自費の抜歯料金を別途いただくことはございません。矯正パッケージ料金に含まれております(明確なわかりやすい料金体系)

・経済状態に合わせたお支払のプランを提供

 

院長は、大阪大学歯学部出身、大阪大学歯学部附属病院矯正科元非常勤、日本矯正歯科学会会員、近畿東海矯正歯科学会会員です。

開業するまでの、約10年間、歯列矯正を得意とする歯科医院にて治療を行ってきました。

 

不正咬合をそのままにしておくと

体への影響

・むし歯

・歯周病

・よく噛めないことによる全身的な影響(胃に負担、唾液が出にくい、運動能力の低下)

・歯が折れたり、粘膜を傷つけやすい

・将来的な歯科治療への影響

 

生活への影響

・コンプレックス

・性格に与える影響

・他人に与える印象

・職業選択の幅

・発音への影響

・ストレスへの影響

 

矯正治療開始までの流れ

1・無料相談・カウンセリング(30分~45分)

    歯並びの状態、お悩みを伺います。

    矯正治療の方法・期間・費用などについてご説明します。

  ⇓

2・精密検査(約1時間)

    歯・顎のレントゲン写真撮影を行います。

    検査結果から、再度治療方法などについてご説明します。

    矯正治療をされる方は、顎や頭の形を見る精密なレントゲン写真撮影のほか、口腔内写真・型取り

    を行います。

  ⇓ (約1週間~2週間 後)

 

3・診断・契約(30~45分)

    治療方針・期間・費用などに納得

    精密検査費用の入金 (支払方法は要相談)                                

  ⇓

4・一般歯科治療

    むし歯・歯周病・不適合冠・抜歯 など、必要な治療がある場合

  ⇓

5・矯正治療の開始

    矯正費用の入金 (支払方法は要相談)



精密検査(診断に必要な資料)

パノラマレントゲン

セファロレントゲン(骨や歯のズレを分析)

研究用模型

口腔内写真

顔貌検査写真


歯列矯正の料金表(税抜)

相談 無料
各種 精密検査 3万円
Ⅰ期治療 (基本料金) 15万円~45万円
Ⅱ期治療 (基本料金) 35万円~55万円
ジルコニア製ブラケット 6万円~8万円
毎回の施術料金(装置装着後)  3000円
保定装置料金 1万円~5万円 


・一括払い、

・月払い(10分割迄)、

・銀行振込、

・分割での銀行振込、

お支払い方法はいつでもご相談ください。

※ 治療費の計算方法や、支払方法は医院によって異なります。基本料金の内容や治療完了までの施術料の合計金額の目安、契約する金額以外に支払うオプションの処置はないか、よく確認して、トータルでいくらくらいの費用になるかチェックしましょう。分割払いを希望する場合は、分割回数を確認しましょう。

 

Ⅱ期治療が必要なお子様について

 Ⅰ期治療とⅡ期治療では、矯正をする部分と目的が異なります。朝倉歯科医院の場合、Ⅰ期治療を終えた患者さんのうち約8割が数年後に、Ⅱ期治療に移行しています。

但し、Ⅱ期治療を行うか行わないかの判断については、ご家族で相談して決めることが可能です。

 

医療費控除で支払った税金の一部が戻ってくる場合があります。(確定申告について)

医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、おさめた税金の一部が確定申告で戻る制度です。条件があるため、矯正歯科医院に医療費控除の対象になる治療なのか相談しましょう。

 

治療期間を予測する診断のポイント

上下の歯の前後関係

・上顎前突(出っ歯)

・下顎前突(受け口)

・どちらでもない

 

かみ合わせの深さ

・開咬(前歯の上下が閉じない)

・過蓋咬合(上下の歯が被さるほどの深い咬み合わせ)

・どちらでもない

 

症状の程度

・軽度  ・中度  ・重度

・抜歯   ・非抜歯

 

予想治療期間

(治療期間や費用の目安の判断方法は医療機関によって異なります)

 

矯正治療を迷っている方へ

矯正治療の流れでは、初診・相談の次は「精密検査・診断」となります。しかし、初診・相談が終わっても、疑問や不安が解消されないために、精密検査に踏み切れない患者様も少なくありません。
ですから、私たちは「初診・相談」をとても大切にしています。来院してくださった患者様が心からご納得して次のステップへ進めるように、治療期間や費用、支払方法、仕上がりや治療方法などについて、ひとつひとつ丁寧にご説明するよう心がけています。
また、料金もシンプルでわかりやすい総額制(原則)にしています。当院では、表側矯正、各種装置など、どの装置を選んでも、治療期間や仕上がりに変化が起こらないように治療しています。治療中だけでなく治療後でも、気軽に相談しやすい、信頼できる矯正歯科医院であるよう努めています。
成人矯正もお子様の矯正もお気軽にご相談ください。

b.jpg

朝倉歯科

兵庫県神戸市北区藤原台中町2-15-13 岡場駅駅前

街の頼れる歯医者さん

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
078-982-0432